性病の1つであるクラミジア。クラミジア感染者がコンドームをしないセックスをした場合、相手に移る確率は約50%と言われています。潜伏期間は男女とも約2週間ほどと言われていますが病状が弱いので見逃される場合もあります。

クラミジアの潜伏期間

クラミジアの潜伏期間の2016年4月記事一覧

  • クラミジアによる神経症や甲状腺の症状

    クラミジアは日本国内で一番多いといわれている性感染症でとくに若い女性に多いとされているのですが、感染に気が付かないまま不特定多数の男性に感染させることが多いとされています。早期発見をして治療をすることが大切で、クラミジア…続きを読む