性病の1つであるクラミジア。クラミジア感染者がコンドームをしないセックスをした場合、相手に移る確率は約50%と言われています。潜伏期間は男女とも約2週間ほどと言われていますが病状が弱いので見逃される場合もあります。

クラミジアの潜伏期間

彼女がクラミジアという病気になってしまったら

クラミジアは一般的にセックスを通じて感染する病気であると言われています。なのでもしも自分の彼女がクラミジアになってしまった場合、まず彼氏である男性がするべきことは2つあります。一つは自分自身もクラミジアに感染してしまっていないか確認することと、もう1つは彼女を励ましていくことです。
彼女がクラミジアになってしまった場合、男性である彼氏か彼女かのどちらかに原因があることがほとんどです。しかししっかりと検査をしないことにはどちらに原因があったのかは分からないものですし、分かる必要もありません。とにかくカップルで病院に行って共に検査をする必要があるのです。検査の結果二人共クラミジアに感染しているということが分かれば二人で治療を進めていけば良いのです。もしも自分は感染していないと分かった場合は、病気の彼女を励まして一緒に治していくことが必要です。この時間違っても病気になってしまった女性を責めてはいけません。
もちろん男性側に何の心当たりもない場合、彼女が浮気等をしたことによってクラミジアになってしまったのではないかと疑ってしまいたくもなってしまうものですが、クラミジアというのは何も性行為のみによって感染するものではありません。稀にですが喉から感染することもあるのです。なので浮気をしているという確証もないのに、いたずらに彼女を責めてはいけません。一緒に病気を治していくのだとの心構えを持って、付き合いを続けていくべきなのです。もちろん彼女の病気が完全に治るまでは、二人の間でもコンドームなしのセックスは避けるようにするべきでしょう。何故なら男性にクラミジアが移ってしまう可能性もあるからです。とにかく完全に治るまでは健全な性生活を送りましょう。