性病の1つであるクラミジア。クラミジア感染者がコンドームをしないセックスをした場合、相手に移る確率は約50%と言われています。潜伏期間は男女とも約2週間ほどと言われていますが病状が弱いので見逃される場合もあります。

クラミジアの潜伏期間

クラミジアの治療法と対策を知っておこう

クラミジアは性病の一つですが、放置をしておくとあらゆる性病のもとになってしまうため注意が必要な病気です。感染率が非常に高いので、そのまま放置して性行為を繰り返していくと被害が拡大して取り返しの付かないことになります。そうならないようにするためには、クラミジアに対する正しい対策と治療法を知っておくことが大切なのです。
基本的に、クラミジアには自覚症状というものが現れにくいという欠点があります。そのため、陰部を直接見て怪しいと思うところがあればすぐに病院に行かなくてはいけません。実際に、病気そのものの治療はそれほど難しくなく早期発見が出来れば1週間程度の薬の服用で容易に治療することが可能です。専門的な薬が開発されているため、それを服用すればクラミジアはすぐに死滅させることが出来ます。
治療の際には、抗生剤を投与することになるため実際に病気が完治し始めたときには再検査をして陰性と判断されて完璧に安全が確保できるようになったことを診断してもらわなくてはいけません。軽度のクラミジアならばたった一回の投与で治療することが可能です。
問題なのは、軽度の症状だからと言って甘く見て適切な治療をしなかったときです。クラミジアは再発する恐れのある病気なので、陰性と診断されるまでは安易な判断で性行為を繰り返さないように気をつけなくてはいけません。長くなれば1ヶ月程度の時間も覚悟しておく必要があります。どの道、最終的な判断はきちんと医師がしてくれるため、治療法を聞いて対策をした後は時間が経つのを待ちましょう。
クラミジアにかかって放置すると、治療法を実践しない限りエイズなどのより重い病気の感染率が3倍以上にもなります。対策をすればそのようなことには絶対にならないため、まずは必要な治療をすることが大事なのです。