性病の1つであるクラミジア。クラミジア感染者がコンドームをしないセックスをした場合、相手に移る確率は約50%と言われています。潜伏期間は男女とも約2週間ほどと言われていますが病状が弱いので見逃される場合もあります。

クラミジアの潜伏期間

クラミジアが女性器に生じる原因は限られている

クラミジアは、女性が発症する性感染症の中でも非常に多い病気です。問題なのは、自覚症状がなくどんどんクラミジアの症状を悪化させることで気がついたときには手遅れになっていることです。
では、具体的にどのような原因で女性器にクラミジアは感染するのでしょうか。クラミジアは、クラミジアを引き起こす細菌が入り込むことによって感染します。この細菌は、主に粘膜同士の接触や女性の膣の分泌液を通して感染していきます。そのため、性行為をしたときに気づけば感染していることが非常に多いのです。接触をすれば感染する確率が極めて高くなるため気をつけなくてはいけません。
原因を除外するためには、なるべくこうした粘膜との接触を避けることが大切になりますが分泌液に触れないようにきちんと避妊をすることも大切です。避妊具をつけておけば粘膜に対する直接的な接触を避けることが出来るようになるため、原因を避けることが出来ます。女性器に既にクラミジアがいる場合には直接的に触れるだけで感染する可能性が高くなるため、事前に準備をしておくことは非常に大事です。パートナーの健康状態を把握しつつ、感染経路がどのようなものであるのかを知っておけば滅多なことで移ることはありません。
もちろん、女性器に細菌があったとしても自身が加害者になっていることに全く気づいていないケースも十分考えられます。実際に、感染者の約半数は感染していたとしても自覚症状が出てこないため気づくことが出来ていません。その結果、知らない内に感染を拡大させてしまうことは容易に考えられます。
反対に、感染していて症状が現れていた場合には女性特有の体調不良が見られるため見分けは付きやすくなりますので気づいたときには薬を処方してもらうようにしましょう。